結婚式の服装で親族、女性の場合は和装でなくてはだめ?レンタルは?

結婚式の服装 親族の結婚式に出る場合、女性は何を着ればよいのか、悩みますよね。

義理の兄弟の結婚式の場合、和装のイメージがありますが、20代後半でも和装でなくてはいけないのでしょうか。

和装だといろいろ準備が大変ですが、どうすれば良いかお伝えします。

  

1章結婚式 服装 親族 女性

結婚式の服装で、親族として出席する女性の服装、義理の兄弟の結婚式となると自分の好みで決めるわけにはいきません。

義理の兄弟が結婚するといっても、まだ、若い女性が和装にしなくてもと思われますよね。

和装よりも、フォーマルドレスのほうが着心地がよさそうだし、脱ぎ着も簡単と。

けれど、義理の兄弟の結婚式は、まず、自分の立場を考えなければなりません。

旦那さんのお母さまお父様のお考えはいかがでしょうか。

旦那さんのお母さまより、フォーマルドレスならいいわよと一言言われたのなら良いのですが。

確認なのですが、結婚式の服装は黒留めそでですよねと、お母様にお聞きしてみるのもよいでしょう。

結婚している女性が、結婚式に着る第一礼装が黒留袖なのです。ステキですよ。

2章結婚式 服装 親族 和装

結婚式の服装で、特に近い親族の場合は和装が格調高い第一礼装の黒留袖です。

黒留袖を着て、髪型はロングなら、髪をアップにして、ショートなら和装にあった髪型に、美容院にしてもらってください。

和装が苦手と思いこまず、自信をもって着こなしてください。

黒留袖を着ると地味、ではありませんよ。黒い着物ですが、裾に華やかな裾模様があって、美しいです。

黒留袖も、みんなおんなじではなく、着物の裾模様と、帯で組み合わせによっては、若々しさも出せます。

黒留袖を着ることができる立場の人は限られているので、格調の高い黒留袖は、結婚式を引き締めてくれる重要な役目があります。

なかなか着る機会もないので、楽しんで着てみましょう。

3章結婚式 服装 親族 レンタル

結婚式の服装 親族なら黒留袖が良いと言っても、 レンタルなら着るたびに違った黒留袖を選ぶことができるので、高いお金を払って購入しなくてもよいですよ。

まだ若いのなら親族のがあったとしても借りることができると言われても、レンタルで気に入ったのを借りた方が気も楽です。

レンタル業者によって、値段が違うし、借りたり返したりする場所も違います。

できたら、結婚式近くでレンタルでができて、着付け、髪も整えてくれるところが便利です。

値段が安いからって、離れたところで借りて、着付けして髪を整えて、なんてしようとしたら、手間ですよ。

親族の結婚式は、自分にとっても大事な事、気持ちよく結婚式が始まり終わるのが一番です。

結婚式の服装、和装のレンタル料

・和装のレンタル料は1万円台から3万円台まであり、小物もついている場合もあります。

・和装のほうがドレスよりも必要な小物が多いので、レンタルで小物がセットになっている場合は便利で、結局安上がりです。

 自分の着物だと着物の手入れや保管場所を考えなくてはならないので、レンタルのほうが気が楽ですね。

まとめ

・結婚式の服装で、親族の場合、和装、黒留袖になります。

・和装はお手入れに手間がかかり、レンタルだと手間も場所もかかる費用も楽になります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました