体を温める事が病気の予防に有効になる?半身浴は?どの食材が良い?

健康・病気

nam
体を温めると、血行が良くなって免疫力が上がると言います。

以前、癌になったことがあり、治ったけれど再発が心配な人、他の健康な人よりも、病気の予防に有効にしたいですね。

身体を温めて、血行を良くして、免疫力アップするようにしましょう。

体を温めるには、半身浴が良いと言いますがどうなのか?体を温めるにはどの食材が良いか、お伝えします。

  

1章体を温めると病気になりにくい?

健康な人の基礎体温は約36.5℃で、細胞の新陳代謝が活発で、免疫力も高く、そのため、病気をしない状態を保つことがで

きるし、病気になりそうになっても、軽く済むことが多いです。

身体を温めると、血行が良くなって、免疫力もアップして、動くのも楽になります。

動くが楽になると、歩いたり、行動するようになり、気持ちも前向きになります。

冷えたままでいると、動くのも嫌になり、気持ちも内向きになります。

ですから、体を温めて、活動的になりましょう。

2章体を温めるには半身浴

体を温めるには半身浴

身体を温めるにはお風呂の中に入って、温まりましょう。

最近では、半身浴では体の上半身が温まらないので、首まで湯船に5分つかって、そのあと、半身浴5分が効果的という情報があります。

足浴 足だけを温かいお湯の中に入れて温めるだけでも、体が温まります。

布団に入っても寒くて眠れない人は、眠る前にお風呂に入ってから布団に入ると温かく眠れます。

身体を温めるのには運動

身体を動かして指先まで温かくなった経験がありますよね。

手を上にあげるだけでも違います。

運動嫌いでもなるべく速足で歩くと体が温まります。

手足が冷たいならマッサージ

現在、体調が悪かったり、退院後、運動ができない場合は、誰かに手足をやさしくマッサージしてもらいましょう。

3章体を温める食材とは

温かいお湯の中にすったショウガを入れて飲むとぽかぽかします。

身体を温める食材は、玉ねぎ、にんにく、ラッキョウ、生姜、いわし、さんま、さば、かに、唐辛子、シナモンがあります。

体温不足の冷え性には、牛肉、マトン、えび、もち、豆、ねぎ、しょうが、くり、りんご、紅茶が良いと言われています。

冷え性で、手足が冷たくなりやすい人は、秋口から冬にかけて、体を温める食材を使いましょう。

身体を温める食材を手軽に使う方法

1、しょうが みそ汁や汁物を作るとき、水からしょうがを入れて作る。

2、夕食に鍋にするー にんにく、生姜は水から入れて、そのあとに食材を入れる。

  鍋向きの体を温める食材 玉ねぎ、ねぎ、など。

3、イワシの煮魚にしょうがを入れる。いわし、さんま、さばには唐辛子が合うので、食べるときに振りかけて食べる。

4、日中飲む飲み物、紅茶にシナモンを入れる。

まとめ

・身体を温めると代謝が良くなり、免疫力アップします。

身体を温めるために、肩まで温まってから、半身浴をする。

・運動をすると手足が温まりまるので、軽い運動をする。

・体を温める食材を食事や、飲み物に入れよう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました