ノロウイルス症状とは、下痢だけの場合はあるの?症状が軽い場合は?

健康・病気

317767

寒い時期になり、ノロウイルスの感染がおこることがあります。

ノロウイルスにかかると、どんな症状になるのか、かかった場合の対処は?軽い場合はどうすれば良いのかをアドバイスします。

  

1章ノロウイルス症状

寒い時期にノロウイルスの感染のニュースをテレビで見ることがありました。

ノロウイルスの症状とは

ノロウイルスによって、感染性胃腸炎や食中毒が起こり、特に冬季に流行します。

症状はおう吐、下痢、腹痛が起きます。

ノロウイルスは、手指や食品などにより、経口で感染し、ヒトの腸管で増殖して、おう吐、下痢、腹痛.症状が出ます。熱が出る場

合もあります。

子どもやお年寄りなどではノロウイルスにかかって、かなり悪くなる場合があり、吐いたものを誤って気道に詰まらせて死亡する

ことがあるので、注意が必要です。

おう吐が多いときは、食事は無理して食べない、水分だけは取るようにしましょう。

水分取らないと。脱水症状になります。

2章ノロウイルス症状下痢だけ

ノロウイルスにかかって、症状が下痢だけの場合もあります。

熱が出ないから、軽いというわけでなく、下痢と嘔吐によって急に水分が失われ,脱水症を起こしてしまうこともあります。

ノロウイルスは、ワクチンがなく、治療は対症療法に限られます。

ノロウイルスなら、薬は整腸剤くらいで、あとは、消化の良い物を食べ、塩分をとって安静にします。

体の中から菌を出し切れば症状は改善されます。

ノロウイルスにかかった人が家にいるときに気を付けること

ノロウイルスは塩素系消毒薬で消毒します。一般家庭では、拭き取った吐物は、ビニール袋に密閉して速やかに捨てること、吐物

や便を処理した後しっかり手洗いすることが重要です。

手洗いはよくすること

3章ノロウイルス症状軽い

ノロウイルスの軽い場合は整腸剤を飲んで、安静にすれば治る場合もあります。

ノロウイルスに集団感染した場合でも、健康な人は軽い下痢で済み、医者に行かなくても整腸剤で治る場合があります。

けれど、子供と年配者は気をつけないと、下痢と嘔吐で脱水になって、大変なことになる場合も。

集団感染の場合は、時分だけロタウイルスにかからないというわけにいきません。

ノロウイルスの予防策はないのですが、比較的軽くしたい場合は、日々、睡眠をよくとり、栄養のバランスよく食事して、軽い運

動をする、手を良く洗うこと くらいです。

まとめ

・ノロウイルスの症状は、おう吐、下痢、腹痛が起きます。

・ノロウイルスにかかったら、対症療法に限られ、整腸剤を飲んで、消化の良い食事をして、水分を取り、ウイルスが体から出る
のを待つしかないです。

・ノロウイルス予防策はなく、睡眠に気を付け、栄養をきちんと取り、健康なら軽く済む可能性があります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました