妊婦 冷え対策 夏も必要 服装、食事で気を付けることとは

妊婦さんは冷えを気を付けるように言われてますが、夏でも冷え対策は必要なのでしょうか。

必要ならば、その理由は何なのでしょうか。

からいい赤ちゃんを安全に出産するために、服装や食事で気を付けることは、、、 お伝えします。

  

1章妊婦 冷え対策 夏

妊婦さんが冷え対策をすべきなのはなぜでしょうか?

妊婦さんの冷えの影響

1、お腹が張りやすくなります

2、足がむくんで、足がつりやすくなります

3、腰痛や便秘になりやすくなります

4、初期にはつわりがひどくなります

5、体が冷えていると、痛みに対して敏感になり、出産のときの陣痛がつらく大変になります。

  逆に、体が温かいと筋肉は柔らかくなり、出産時に使う腰や足の筋肉も柔らかくなり、出産特有のポーズもしやすくなります。

妊婦さんの冷え対策で夏も必要なのは

夏は暑いから、冷え対策は必要ないと思われるでしょうが、働いている人は特に、冷房の中で仕事をしているので、仕事をしていない人より気をつけなければなりません。

家にいる人は自分都合で冷房の調節ができますが、職場にいると、暑がりの人優先で寒いくらい冷房を強くする職場もあるからです。

妊婦さんの冷え対策では、服装の調節と食事で、冷え対策ができます。

2章妊婦 冷え 服装

妊婦さんはお腹に赤ちゃんがいるので、普通の人よりも体が熱いです。

けれど1章でお伝えしたように、冷えは妊婦さんに悪い影響を与え、出産をつらいものにします。

職場の室温が適温ならば、普通の服装で大丈夫ですが、職場の暑い人優先の室温に冷房が設定されているのならば、対策を考えなければなりません。

自分自身の体が冷えてないかは個人差があります。

普通の服装で、冷えてきたら、着るものを追加しましょう。

特に足元の冷えは気をつけて、長いレギンスに靴下を履きましょう。

はおりものを持ち歩くと便利なので、カーディガンとストールはいつも持ち歩きましょう。

厚着しすぎて汗かいて、汗疹ができたり、のぼせても困るので、暑かったらすぐぬげるようにできるものが良いですね。

足が冷えたときは足湯

暑くて、家にいても冷房をガンガンつけてしまって、急に冷えてしまうことがあります。

そんな時は足湯で足を温めましょう。

お風呂場で、椅子に腰かけ、洗面器にお湯を入れて、足を入れて温めます。

すると、血行が良くなり、体全体が温まった感じがじます。

3章妊婦 冷え 食事

妊婦さんの冷え対策で食べ物は特に重要です。

1、妊婦さんの間は、体を中から冷やす氷は食べないようにしましょう。

2、夏でもみそ汁などを食べましょう。

生姜、ミソ、キムチなど体に熱を与える食べ物を食事に取り入れると体は、温まります。

3、冷たい飲み物もさけて、白湯が特におすすめです。

もちろん、紅茶や、煎茶、コーヒーでもいいです。

4、夏でも温かい汁のそばやうどんで食事もおすすめです。

身体を温めて、軽い運動もして、ゆったりお産をしていただきたいです。

まとめ

・体が温かいと筋肉は柔らかくなり、出産時に使う腰や足の筋肉も柔らかくなり、難産になりにくいので、冷え対策をしましょう。

・冷房で冷えすぎないように、ストールやカーデガンを持ち歩きましょう。

・氷や冷たい飲み物は避けて、温かい飲み物、温かい食べ物で冷え対策しましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました