子どもの虫よけでおすすめのもの 効果のあるものと安全なのは

寒い冬が過ぎて、温かくなっていくとお子さんにとってはよいお散歩の季節となります。

気候はよくなり、人間にとって過ごしやすくなると、今までいなかった虫がどこからか出てきます。

気をつけないと、蚊などに刺されて、顔や手、足がはれてしまうこともあります。

何年か前に蚊に刺されてデング熱に、、ということも。

大人も虫よけしたいのですが。子供は特に虫は避けたいですね。

子どもの虫よけにおすすめのものとは、効果のあるものは何か。

大人よりも肌の弱い子供にとって安全なものとは お伝えします。

  

1章子どもの虫よけ おすすめ

冬が過ぎて、過ごしやすい季節になると、虫も過ごしやすいと見えてどこからか出てくる虫。

ちょうちょやカブトムシのような無害な虫ならよいのですが、蚊、ハチに刺されたら、怖いことになります。

蚊 刺されると

1、かゆくなってさされたところがはれる

2、刺された1~2日後にかゆみや発疹が出る蚊アレルギーになる。赤ちゃん(乳児)から子供(幼児)に多い。

3、蚊が媒体となる病気(マラリア、日本脳炎、ジカ熱、デング熱)になる。

マラリア、ジカ熱は日本では感染はされていませんし、日本脳炎は予防注射を必ずしますがデング熱は数年前に日本でも感染者が出て、問題になりました。

 蜂に刺されたら

1、2の蚊と同じような症状が現れます。

蜂の場合は、その種類によっては大人でも刺されたところのハレが大きかったりします。

蜂、スズメバチとアシナガバチは特に注意が必要

だから、子供は特に虫よけをしなくてはなりません。

2章子どもの虫よけ 効果

子どもの虫よけ 効果があるもの

1、虫よけスプレー 市販の虫よけスプレーには、ディートが入っているものが効果があります。

ただし、これはジエチルトルアミドの成分名で、ホームセンターで園芸用農薬として販売されています。

毒性は低いとされていて、日本製の虫よけスプレーでは海外のものより薄いです。

けれど、小さなお子さんには副作用があったという情報があったので、天然アロマの入っているものをお勧めします。

2、虫よけ アロマ 天然アロマ、エッセンシャルオイル(精油)には、殺虫剤のように虫を殺す働きはありませんが、蚊などは、特定のエッセンシャルオイル(精油)の香りを嫌うので、アルマをスプレーにしてつけると、蚊は近づきに

くくなり、虫に刺されにくいです。

虫除け効果のあるアロマは、

・ゼラニウム

・レモンユーカリ

・ラベンダー

・レモングラス

・シトロネラ

自分で作ることもできますが、材料をそろえるのが面倒な場合は市販のものをどうぞ。

シトロネラ、ペパーミント、レモングラス、ゼラニウムが入っています。

3.虫よけリング 虫がいやがるアロマオイルをシリコーン素材に配合

し手首につけるだけで虫よけ効

果を発揮します。

使用期間は1日6時間使用で約1カ月。開封した後も保存できるジッパーバッグ入りなので効果が長持ちします。

3章子どもの虫よけで安全なのは

子どもの虫よけに安全なのは長袖の服

虫よけにアロマをスプレーしても、それだけでは安心できません。

夏でも虫よけに長袖の服を子供に着せましょう。

ゆったりしたパーカーなら子どもも嫌がらずに着ます。

子どもの虫よけに帽子

帽子をかぶると、帽子のすぐ下のおでこにはさせにくいです。

☆虫刺されに凍らせたペットボトル

最悪に虫よけをしても時間がたつと効果が少なくなったり、長袖の服を脱いだとたんに刺された場合の処置に「凍らせたペットボトル」が効果あります。

虫さされた場合、応急処置には、冷たい水で、傷口を洗います。

洗ったら拭いてかゆみ止めクリームを塗りましょう。

凍らせたペットボトルーペットボトルに半分水を入れて凍らせておきます。

お出かけ前に水を足して持っていきます。

虫ささせなかったら。飲み水の予備に。

まとめ

子どもの虫よけ 効果があるもの 天然アロマの虫よけスプレーをスプレーしましょう。

長袖のパーカーをお子さんに着せるのがおススメです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました