バーベキュー食材を下ごしらえする理由 前日が良い 肉野菜やり方

お出かけ

Print

バーベキューの食材 下ごしらえはしていったほうがよいのでしょうか?

食材を購入して、それをバーベキューをする場所に行って焼くだけで良いかと思っていました。

けれど、バーベキューの食材を下ごしらえして行ったほうが良いのです。

食材の下ごしらえしたほうが良い理由、下ごしらえも前日が良い理由とは。

肉野菜どのよう下ごしらえをすれば良いのか、お伝えします。

  

1章バーベキュー 食材 下ごしらえ

バーベキュー食材は 下ごしらえしていった方が良いのはなぜでしょうか?

1、ゴミ  野菜、肉など、購入してバーベキュー会場で食材を切ったりしていると、食べられないゴ

ミがいっぱい出ます。子供連れてのバーベキューだと、子供関連だけでも荷物がいっぱいなので、なるべく持っていく荷物

を少なくしたいので、ゴミになる野菜のくずなどは持っていきたくないです。

2.食材を下ごしらえしていったら、すぐ食材を焼くことができる

食べる時間が少なくなる 野菜を切ったり、肉を食べやすい大きさに切ったりしていると、それに時間がかかり、食べ

る時間が少なくなります。

 バーベキューに家族と行く時、小さな子供は早く食べさせないと、機嫌が悪くなったり、あきてうろうろしたくなります。

 バーベキュー食材は 下ごしらえしていき、すぐに調理にかかれた方が良いです。

3.肉を下ごしらえしておいしく食べる

肉は特に、うまく下ごしらえをすると、安いお肉もおいしく食べられます。

 

2章バーベキュー 下ごしらえ 前日

バーベキュー食材は下ごしらえを前日したほうが良い理由

1、

バーベキュー食材は下ごしらえを当日してからだと、バーベキュー会場に行く時間が遅れる場合があります。

 バーベキュー会場が遠かったり、会場の予約時間が早めの場合、時間が遅れるわけにいきません。

2、

バーベキュー会場では、火をおこしたりする時間も必要で、食材にかかりっきりにできません。

食材を焼くのも思ったより時間がかかります。

前日の準備が大切です。

3章バーベキュー 下ごしらえ 肉 野菜

バーベキュー 下ごしらえ 肉 野菜についての方法

1、野菜類の下ごしらえ

 コーン、ニンジン・ゆでて2cm位の輪切りにしておきます。 

 椎茸  さっと水洗いし、柄を取り、傘に切れ込みを入れます。 

 キャベツ 芯を取り、大きなざく切り。

 ピーマン 半分に切って種を取り水洗い。 

 じゃがいも 幅7-8ミリの輪切り

 玉ねぎは、皮をむいて1cm幅の輪切りにする。

 なす   縦に4枚くらいにする。

  
野菜は、火が通りやすいように、薄めに切りましょう。

 

野菜は種類ごとにジップロックのようなチャック付きの袋に入れて持っていくと嵩張りませ
ん。

 2、肉類の下ごしらえ

 豚肉、牛肉は、ステーキ用の厚めの肉に切り目を入れて、酒につけて臭みを抜いてから油と塩コショウをかけて、タッ

パーに入れておく。

 ソーセージが大きい場合、軽く茹でておき、さめてから、袋に入れておく。

 3、焼きそばセットを作る

 バーベキュー 鉄板を使う場合は、焼きそばを作りましょう。

 焼きそばで袋に入っているものを用意、焼きそばに入れるキャベツ、肉も個別の小さなビニール袋に入れ、それら焼きそ

ばを作る食材をまとめて一つの袋に入れ、焼きそばセットを作ります。

 

まとめ

・バーベキューは前日bに下ごしらえをしておきましょう。

・現地に行ってから切ったり、味付けしたりは時間がなくてできませんよ。

・肉は前日から下ごしらえして油と塩コショウガーリックに付け込んでおくと、おいしく食べられます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました