バーベキューの初心者、持ち物は?便利なものとは、メニューは何に?

お出かけ

Print

近所の公園でバーベキューができるというので、温かくなったらバーベキューをしたいですよね。

バーベキュー初心者なので持ち物は何を用意したらよいのか、あれば便利なものとは何か悩みますよね。

友人たちもみな小さい子供を連れてくるので、メニューは何が良いか、提案します。

  

1章バーベキュー 初心者 持ち物

  ホームセンターに行けば、バーベキューで使うものは売っています。

  1、バーベキューコンロ

  2、木炭

  3、チャッカマン

  4、着火剤

  5、火バサミ(火の付いた炭を移動させたり、追加する場合必要)

  6、うちわ

  7、軍手

  8、新聞紙

  9、ゴミ袋

  10、菜箸、トング 食材をつかむ

  11,皿、コップ、割りばし (紙皿、紙コップでもよい)
  
  12、調理ばさみ、包丁などの食材をいったりするもの

  13、食材、飲み物、調味料(意外に忘れることも。塩コショウ、ケチャップ、マヨネーズやにんにくやわさびのチューブがあるとよりおいしく食べられます)

  14、レジャーシート

  15、バケツ(水を入れて何かあった時のために準備)


16,リップクリーム(外気だと乾燥しやすい唇のためでもありますが、すり傷、切り傷のときにちょっとつけるのにつかえるので、便利です。そして、コットンなどに刷り込めば着火剤としても使えますので、1つ、持っているといいですよ。)

・バーベキューをどこで行うかで、持ち物は変わります。

最近は、手ぶらでバーベキューを行えるところもあるので、調べてみてください。

例えば、東京都内の公園でバーベキューをする場合、手ぶらでも大丈夫なのはどれかは

  こちらから
    ↓

公益財団法人東京都公園協会

バーベキューをしよう!|公園へ行こう!

2章バーベキュー 持ち物 便利

1章は、バーベキューに、これだけはないと というものでしたが、これがあると便利というものを取り上げます。

1、テント 小さなテントを置ける場所があればテントを用意したいです。小さなお子さんを連れていく場合、疲れて眠ってしまう場合があるのであればテントの中に寝かせたいです。

2、テッシュ、ウエットテッシュ、汚れをふくのにあると便利です。

3、虫よけスプレー 野外だと虫が出てくる場合があります。

4、薬など(切り傷などの塗薬やバンドエイド)

5、サングラス、日焼け止め 野外では日差しが強くなる場合があるので、日焼け止めは塗りましょう。

3章バーベキュー 初心者 レシピ

・焼肉(牛肉や鶏肉、ソーセージを焼く)

・ホイル焼き(アルミホイルにゆでてきたじゃがいもを包み、焼く。じゃがいもの上に、十字の切り込みを入れてバターをのせる。
        ジャガイモ以外にとうもろこしやきのこでもおいしい)
・野菜焼き(ナスやピーマンを丸ごと焼く、あるいはアルミホイルに包んで焼く)

・焼きおにぎり

・えび、ほたてをきれいに洗い、塩コショウして焼く。

デザート マシュマロ焼いて食べるのはポピュラーになりましたが、リンゴをアルミホイルに包んで焼いた焼きリンゴもおいしいです。

4章バーベキュー 初心者 注意すること

バーベキューの初心者、そしてすべてのバーベキューをおこない人が注意しなくてはいけないのは、バーベキューを楽しんだ後の、後始末です。

バーベキューの火がある程度、燃え尽きたかと思ったときでも、炭を火ばさみで、水入りのバケツに入れて、完全に火を消してください。

帰る時間よりも早めに行い、他の人に迷惑をかけないようにしましょう。

まとめ

・バーベキュー初心者は何をもっていけばよいかよく確認して準備しましょう。

・バーベキューで何を食べたいか考えて、なるべく簡単にできるメニューにして、食材を用意しましょう。

・バーベキューを楽しんだら、後始末をきちんとしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました