日傘で紫外線カットできるの?日傘の色の違いは?効果UPするには

健康・病気

444119

冬が過ぎて、日の光が明るくなると、気持ちも晴れやかになりますが、シミそばかすが心配にもなります。

天気の良い日は日傘をさす女性が多くなりますが、日傘で紫外線をカットすることができるのか、心配ですよね。

日傘で黒いものをさしている人が増えましたが色によっての影響はあるのか、効果アップするにはどうしたら良いのか、

お伝えします。

  

1章日傘 紫外線 カット

日傘をさして紫外線をカットできるのか疑問に思ったことはありませんか?

日傘と普通の傘の紫外線カットの違い

日傘で、UVカットしているものは、紫外線反射剤、吸収剤処理で、紫外線カット効果をしています。

けれど、処理してないものより数パーセント紫外線カット率があがるだけです。

日傘の素材の違い 綿とポリエステル

UVカットしているかしていないか、それよりも、日傘の素材の差のほうが大きいのです。

日傘の素材が綿の場合、繊維が粗いので、繊維の隙間から日差しが通ってきます。

ポリエステルは目が詰まっていて、日傘でなく普通の雨傘でも実は90%程度は紫外線をカットしているのです。 

けれど、雨傘を日が照っているときにさすのは、なんだか、恥ずかしいですよね。

2章日傘 紫外線カットする色とは

日傘、紫外線カットする色とは

ポリエステルの日傘の場合で、UVカットされていれば白でも黒でも変わりません。

最近、日傘で外側がシルバーで、中が黒っぽい色にふちに花柄のものがあります、それはなぜなのか?

パラボナアンテナや、カメラマンの使うレフ板は、光を反射するためにシルバーを使っています。

シルバーで反射させ、生地そのものも暑くならないようにして、、内側が黒や紺の濃い色にして、照り返しの紫外線も防ぐようにしているのです。

日傘で紫外線をカットしたい場合の色は、外側がシルバーで、中が黒や紺の濃い色はおススメです!

3章日傘 紫外線 効果

日傘をさして、紫外線カットする効果をUPするためにしたほうが良いこと

1、日焼け止めクリーム 日傘で影と照り返しを防ぐといっても100%防ぐことはできないので、顔や露出する体の部分には日焼け止めを塗りましょう。

2、サングラス 目から日焼けするという説があるので、目をサングラスで保護しましょう。

3、手袋  以外に手は日焼けしやすいです。そして、手はシミができやすく、手を見ると、年齢がわかるといわれています。

     手の甲が日焼けすると、しみができたりしわができたりします。手袋して、手を大事にしましょう。

4、帽子 日傘をしても、日差しは照り返しがあったりします。帽子で顔の近くに影を作り、日差しから顔を守りましょう。

まとめ

・紫外線カットのために、有効な日傘をさしましょう。

・日傘で紫外線カットしても、まだ、完全にカットできないので、日焼け止めクリーム塗ったり、サングラスで保護しましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました