スーツケースのパッキング方法 帰りが楽になるためにすること 物

お出かけ

sut

1週間くらいの旅行に行く時、スーツケースのパッキング方法について悩みますよね。

1週間の生活に必要なものって何があったのか、どんな風にスーツケースに入れればよいのか。

帰りが楽になるためにすることとは何か、楽にする物とは何か、お教えしましょう。

  

1章スーツケース パッキング方法

1週間くらいの旅行に必要な服、化粧品をスーツケースに入れるには、パッキング方法にコツがいります。

1、持っていくものは少なく なるべく持っていくものを少なくするのが1番大事なことです。

旅行先で買えるものは持っていかない。

2、持っていくものはコンパクトに

・持っていくものでコンパクト、小さいものはないかードライヤーを持っていく場合小さいものにします。

・持っていくものののパッケージがあれば袋に入れて小さくできないか、

3、小分けに 化粧品は小分けの入れ物に分けて入れて、使ったら捨てると、かさばりません。

旅行先で買い物が予定にあるのならば、折り畳み式の補助バックをいくつか入れて、帰りにお土産を入れるために持っ

ていくとよいです。

 スーツケースに入れるにはかさばって入れにくいお土産を入れることができる折り畳みのバッグは便利です。

2章スーツケース パッキング 帰り

1、行きのスーツケースは半分からに

行きのスーツケースのパッキングは、帰りにお土産などを買うために、スーツケースを半分空のような少ない量を持っていきたいです。

行きのスーツケースの半分の大きさの段ボール箱を仕切りに入れ、もう半分に自分の荷物が収まる量を持っていくようにしています。

帰りには、行き半分のスーツケースの空の部分にお土産が入るんです。

2、帰りにスーツケースにどのくらい荷物を入れられるか調べておく。

行く前のスーツケースのパッキングのときに、行きも帰りもある荷物はまとめて計量しておき、そしてどのくらい減るものがあるか計量して、おみやげの許容重量を考えておきます。

そして、旅行先でお土産に買うと思うもので、予測出来るものはメモしていきます。

お土産、お菓子などはパッケージに重量が書かれてますので、それをメモしておいて、帰りの荷造りのときには、帰りに軽量しても大丈夫なような範囲内に収まるようにしましょう。

3章スーツケース パッキング 物

1、スーツケースのパッキングで問題のものは服です。

 ぎりぎりの量を持っていき、どの日に洗濯して、何をいつ着るか、着回しを考えます。

 変化のつけやすい薄手のチュニックを持っていく。

 温度調節用のはおりもの、小物は持っていく。

2、靴は、履いていく靴のほかに1足にします。冬の時はブーツ、夏はサンダルです。
 
  靴の中には、できる限りなにか詰め込みます。サンダルでも、潰れない部分があったら、何か詰めます。

  空白は許しません。

まとめ

・旅行に行く場合、荷物は少なくしたいですよね。

けれど、家での生活に必要なものは何か考えたら、どんどん物が増えてしまいます。

・旅行に必要なものを用意しようとして、自分の生活に無駄はないか、考えるきっかけにもなりますよね。

旅行中の服装についても。

コメント

タイトルとURLをコピーしました