女性のアパート暮らし防犯対策とは!1階での注意点、おススメグッズ

住まい

097564
ストーカー被害が心配な女性のアパート暮らしの防犯対策、していますか?

アパート防犯 1階では特に対策が必要ですよ。

アパート防犯についての注意点と、防犯グッズについて、お伝えします。

  

1章女性のアパート暮らし防犯対策

女性の一人暮らしを狙って、後をつけて、、、という事件もあり、女性がアパートで独り暮らしする場合、防犯対策をよく考えてほしいです。

1,表札

以前だったら、表札に男の名前を付けて、女性一人暮らしでない風にするという方法をしている方がいましたが、現在は個人情報を気をつけたいということで、名前はつけないほうが良いです。

表札は、名字だけが良いです。

2、女性っぽいカーテン、色も柄避ける。

3、洗濯物を外に干さない。

4、・鍵を開けてから、自分が部屋に入って、すぐ、鍵を閉める。

  鍵を開けた時に、入り込む強盗に被害を受けた場合もあります。

5、在宅時も鍵は閉める。時に夏などに鍵が開いていて、強姦、強盗事件の被害にあう場合があるそうです。

6.家から出るとき、入るときに「いってきます」「ただいま」と、(誰もいない部屋に向かって)挨拶する。

7,玄関に吐き古した感じの男物の靴を並べておく。

8、アパートに入ったとき、新しいアパートで鍵交換しているか確認します。

あまりきれいでない鍵の場合、鍵交換してない場合もあるかもしれません。

知り合いの不動産屋さんに聞いたのですが、出てすぐ入る人が決まった場合など、鍵交換してない場合もあるそうです。

大家さんに確認し、自分で鍵を交換し、予備の分2つ(大家さんと不動産屋さんの分)を渡します。

どっちみち、鍵交換代はアパートに入る人の負担になるので、自分で交換したほうが早い場合もあります。

2章アパート防犯 1階では

アパート防犯のことを考えると、1階にはなるべく住みたくないですよね。

アパート3階までだとエレベーターがなくて階段だけの場合が多いなので、重い買い物がある場合は1階は楽。

そして、毎日の通勤、アパートが駅から近いことを考えて、1階でも借りることに決めてしまった人もいますよね。

アパート防犯1階の場合の注意点

1、 ベランダに防犯(侵入防止)ネットを取り付ける。

・アパート1階で、空巣の被害は、窓を割られて進入される場合です。

自分が空き巣のつもりで外からその部屋に侵入する場合の入りやすいがあったら、それをどう防ぐか考えます。

2、窓は2重鍵か、クレセントをキーや暗証番号式に交換する。

3、就寝時は窓を開けておかない。

4、在宅時でも鍵をする、オートロックがあっても、住民のふりをして、一緒に入ってくる泥棒もいます。

5、1章の防犯対策はすべて気を付ける。洗濯物を外に干すは絶対やめましょう。せいぜい、家族がいるとき、休日の天気が良い時少しだけ出すくらいに。

6、玄関は2重カギは必要です。

7、女性一人くらいと分かっての夜間在宅中のガラス割っての侵入がこわいので、玄関錠は、強力なチェーンでカバーします。

帰宅時に中に誰かいないか確認してから入ることも必要かもしれません。

8.タイマー付きの照明器具を購入し、留守中であっても暗くなるころに電気が点くようにして、「誰か同居人がいる」とか、身内が良く来るように見せることが大事です。

9、夜遅い場合の会社からの帰りなども心配なので、アパートの周りの環境、人通り・車通りが少ない、木が生い茂って陰になるところなどを調べる

アパートの地元交番に、近所で事件はあったか聞いてみて、気を付ける。

10,私は防犯対策として、「防犯機能作動中」といるステッカーを張る。

3章アパート 防犯 グッズ

・ベランダ防犯グッズ 普段は網をかけて、入ろうと思う気持ちが起こらないようにします。 

・窓対策グッズ

ライトが付くと、相手に警戒心が起きます。

・防犯ライトをつける。

上記のものはアパートにつけるものですが、夜、遅く家に戻るとき用に防犯ブザーも持っていたいです。

・防犯ブザー

・催涙スプレー

まとめ

一人暮らしの女性が狙われる事件が良くされている気がします。

空巣も怖いですが、在宅でも狙ってくる強盗も余計怖いですよね。

入ろうという気持ちが起こらないようにする防犯対策が大事ですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました