書初め 小学生 言葉は何を書く?用紙は大丈夫?書初めのコツは?

子ども

kakizo

書初めは小学生に冬休みの宿題として出されることが多いですね。

書初めの課題が出ていればよいのですが、自由にと言われると、何を書けばよいのかと悩んでいますね。

書初めはどんな言葉が良いか、間違えたときの用紙はどうするのか、アドバイスします。

  

1章 書初め 小学生 言葉

冬休みの宿題というと、書初めだけという学校もあるそうですね。

書初めで、課題が決まっているとよいのですが、何を書くのか自分の自由でと言われると、困りますよね。

2文字だったら、初春、初日の出、新しい年、未来、平和、希望、紅梅、春風、勝負などはいかがでしょうか。

4文字だったら、文武両道、日進月歩は、どうですか。

小学校の低学年だったら、お正月 というのもよいでしょう。

2章 書初め 小学生 用紙

書初めの用紙を大目に買っておく

書初めで小学生の場合は、長い半紙を3枚くらい渡される場合が多いです。

けれど、たった3枚渡されたって、間違って、半紙がなくなる場合があります。

書初めをする前に、書初めの用紙を大目に購入したほうが良いです。

学校で渡された長半紙をもって、まず、100円ショップに行ってみてください。

売っているのと学校で渡されたのが同じようだったら、それを買いましょう。

なかったら、文房具屋さん、書道専門店でお買い求めてください。

インターネットの書道専門店でも買えます。

書初め 練習に、新聞紙

書道を習っているのなら慣れていいるから問題ないのですが、習っていないのなら、練習は新聞紙を使って練習しましょう。

3章書初め 小学生 コツ

1、新聞紙を長半紙の大きさにする

書初めの練習用に新聞紙を長半紙の大きさに切って練習します。

2、書初めに書く言葉が4文字なら、長半紙の大きさの新聞紙の上下を3センチくらい開けて、4つに折ってみます。

 見本があれば見本を見ながら、1文字ずつよく見て、書いてみましょう。

 見本をコピーして、上からなぞって練習するにも良いですね。

書初めが2文字なら普通の半紙になります。

3、書初めの言葉を続けて書く

 新聞紙で、初めは1文字書いて練習しますが慣れたらいっきに書いていきます。

新聞紙で、書初めの練習ができてきたら、買ってきた長半紙に書いてみる。

小学校でもらった長半紙は、ある程度かけてきてから、書きましょう。

まとめ

・書き初めで書く言葉は、自由に選べるなら、初春、初日の出、新しい年、未来、平和 などが良いでしょう。

・学校から渡された長半紙は、書き間違えたら困るので、余分に長半紙を買っておく。

・書き初め見本がの見本があるのならコピーして、なぞってみる。

・新聞紙を長半紙の大きさに切って、バランスを考えながら、書いてみましょう。

>

コメント

タイトルとURLをコピーしました