インフルエンザの予防接種は効果があるの?副作用は?値段はいくら?

インフルエンザ・風邪

inhur

以前だったら、風邪もひかないし、インフルエンザにもかからなかった。

年齢を重ねたからか、昨年かかってしまい、仕事を休まなければならなくなって困った。

今年はインフルエンザにかかりたくないけれど、インフルエンザの予防接種は効果があるのか、副作用はと心配な方にお伝えします。

1章インフルエンザ 予防接種 効果

インフルエンザの予防接種で、効果があるかどうかですが、年齢を重ねると、免疫力が弱ってきて、インフルエンザにかかりやすくなります。

インフルエンザの予防接種は、流行っているインフルエンザと、予防接種の型が違うと、かかりますが、軽く済む可能性が高いので、効果があると言えます。

インフルエンザの予防接種をしなくてかかった場合の高齢者の人のリスク、肺炎等のような重症になる場合、最悪の状況(死亡)も考えられます。

そうなるとこわいので、インフルエンザの予防接種の効果が歩かないかと悩む前に、予防接種をしたほうが良いですよ。

2章インフルエンザ 予防接種 副作用

インフルエンザの予防接種をして副作用があるかどうか心配でしたら、予防接種をする前に、問診があります。

これまで薬剤でアレルギーを起こしたことがないかの問診して、その日接種することが適当かどうかは医療機関で判断してもらえます。

インフルエンザの予防接種後、副作用について

インフルエンザの予防接種をして、接種部位の発赤・腫脹・疼痛、発熱や悪寒、頭痛・関節痛・筋肉痛、倦怠感、嘔気・下痢が表れた場合、副作用の可能性があります。

めったにありませんが、発疹やじん麻疹、かゆみ等の全身の皮膚症状も起こることもあります。

もし、副作用かなと思う症状が出た場合は、すぐに接種した医療機関へご連絡を入れてください。

予防接種は免疫を作るためのものなので、症状が出る場合があり、一般的には24時間以内に症状が出て、2~3日以内には消失します。


3章インフルエンザ 予防接種 値段

インフルエンザ 予防接種 値段は1回2,000円~6000円程度と予防接種を受ける地域や病院によって違いがありますが、平均としては3,000円程度です。

自治体によって、インフルエンザの予防接種は65歳以上の場合、補助制度があります。

東京都内在住の65歳以上のかたは、インフルエンザワクチン補助制度(自己負担金¥2,500)をご利用になれます。

ただし、時期が決まっていて高齢者インフルエンザ予防接種の助成は10月1日から開始から翌年の1月31日までとなっております。

 高齢者インフルエンザ予防接種の該当者には9月の後半より順次通知を発送されますので、利用しましょう。
 

まとめ

・65歳以上のかたは自治体で、インフルエンザワクチン補助制度(自己負担金あり)を利用出来る場合が多いです。

時期が決まっていて高齢者インフルエンザ予防接種の助成は10月1日から開始から翌年の1月31日までとなっておりますので、期間内にインフルエンザの予防接種を受けましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました