夏のメイク 崩れない方法とは 汗かきの注意点 メイク直し必ず

美容

cosm1

夏は特に暑くて汗をかくので、メイクが崩れやすいです。

何とか夏のメイクが崩れない方法はないでしょうか。

特に汗かきの人には、どういうところが注意点なのでしょうか。

夏のメイクは汗をかいて崩れやすいのですが、メイク直しは必ずしなくてはなりませんが、なぜ必要なのかお伝えします。

  

1章夏 メイク 崩れない方法

夏 メイク 崩れない方法ないかと誰もが悩みます。

夏は汗をうんとかくのでメイク崩れやすくなるので崩れないようにしたいですね。

それには、どうすれば良いのでしょうか。

1、メイク前のお肌の状態を整える時に化粧水は引き締め効果のあるものにする。

朝、起きて洗顔してから、メイクをする前に肌を整えます。

その時、夏は肌を引き締める効果のある収れん化粧水を使います。

そうすると、肌が引き締まり、皮脂の分泌を防ぎ、崩れ防止に効果があります。

収れん化粧水「ハトムギ化粧水」が効果あります。

コットンに収れん化粧水を含ませ、パックするとより効果アップします。

さっぱりした使い心地で、肌表面の温度を下げ、汗を防ぐ効果も期待できます。

2、化粧水などでお肌を整えて、メイクして、家を出るまでは部屋を冷やしておく。

朝は忙しく、メイクした後でも汗をかけば、メイクが崩れます。

せめて、家を出るまでは、部屋が涼しいとよいですよね。

3、ファンデーションは夏は、夏用のリキッドを使います。

おしろいをはたくのが、崩れ防止になります。

2章夏 メイク 汗かき注意点

夏は人によっては、汗をびっしょりかきます。

特に汗っかきの人に注意点をお伝えします。

1、化粧水、美容液、保湿クリームの間を3分くらい置き、(朝は忙しいので化粧水つけたら、家事1(例えば朝食のサラダのお野菜を出すなど)しっかり肌に吸収させる。

2、BBクリームまたは化粧下地、ファンデーション塗ってからティッシュオフする。

3、しっかり肌に入れ込んでからおしろいをブラシで塗ります。

肌にしっかり吸収が大事です。


3章夏 メイク 直し

 
 

メイクチェックはトイレ休憩で必ず

通勤で混んでいる電車の中、急いで歩いてもメイクは崩れる場合があります。

会社について、トイレに立った時に、鏡でチェック。

メイク直し用にパウダータイプのファンデーションとコンシーラーをポーチに入
れて持ち歩きましょう。

顔のメイク直し

1、顔のテカっているところ、脂がにじみがちなTゾーンなどをふきます。

そして、しみやニキビ、気になる部分にピンポイントでコンシーラーをちょんち

ょんと乗せ、気になる部分を隠して、周りの肌となじませるようパウダーをさっ
とはたく。

2、パウダータイプのファンデーションはブラシの先に取りさっとはたきます。

皮脂や汗を吸い込むので、パウダーの粉が化粧崩れを防いでくれます。

パウダーはパールの入ったもの、ピンク色のパウダーを選ぶと血色良くきれいに

仕上がります。

パウダーは、ブラシを使ったほうがさらっと肌にパウダーがなじむ。

3、アイメイクは綿棒と乳液でにじみ、よれを取る

アイシャドウやラインのにじみは、綿棒などに乳液をつけてさっととる。

乳液がない場合は、透明なリップクリームで、にじみやよれをとります。

4、アイメイクの直し

アイメイクのにじみやよれを取り、目元にはもう一度、パウダーファンデをはたいて、肌を治しておく

目の下のラインのもにじんでいたらさっとはたいておく。

アイシャドウはブラウン系をさっと塗ります。

大きめのラメやパールが入っていると、崩れが目立ちません。

まとめ

・夏は汗などで、メイクが崩れやすくなります。

・メイク前のお肌をお整えるための化粧水などお時に
毛穴を引き締めておきましょう。

・部屋は冷房かけて、出かける前に汗でメイクが崩れたというようにならないで。

コメント

タイトルとURLをコピーしました