入学準備で大変なのは名前つけ、名前は手書き?それともシールにする

小学校の入学準備で、大変だと思ったのは、子どもの持ち物の名前入れですよね。

私は仕事をしているので、子供の小学校の準備をする段階で、えっ、こんなに名前を書かなくてはいけないのと思いました。

入学準備の時に、名前を手が気にするのか。それともシールにするのかアドバイスします。

1章入学準備 名前つけ

保育園の時は消えないマジックかなんかで、洋服のラベルのところとか服の目立たないところに書いたりしていましたが、小学生の持ち物は量があります。

まず、数について理解させるために算数セットがありました。

数を理解するために、おはじきや数え棒、カード、サイコロなどが入ってました。

洋服、体操服、プールの時の水着。

ランドセル(これは、ランドセルに名前を書くところがある場合が多いですね。

文房具(えんぴつ、けしごむ、定規、コンパス)

入学準備、小学1年生になったばかりのころは、ひらがなで記名したほうが良いです。

お子さんによっては、自分の名前だけは感じで読めたり書いたりできるとは思いますが、クラスのお子さんの中にはひらがなだってやっと読めるくらいで、漢字となると読めないお子さんも多い可能性があります。

落とし物でもひらがなで書いてないとわからないということになると困るので、名前書きは、入学準備時はひらがなにしましょう。

2章入学準備 名前手書き

現在も算数セットが小学校1年生の再異数の授業に使われているか、使われていても、学校から貸し出してくれるものかどうかわかりませんけれど、子供に支
給されて、自分のものとして学校に持っていく場合は名前をつけなければなりません。

算数セットは、数を理解するために、数え棒やおはじき、サイコロが入っていました。

紙に手書きで苗字をひらがなで書いて、セロテープで張り付ける場合、書く量がありますね。

色鉛筆や鉛筆は、はじをナイフで削って、名前を書いたことがありますが、他にも方法はあります。


3章入学準備 名前シール

入学準備のために 名前シールを作る方法があります。

1、家にプリンターがある場合、メーカーのラベルを購入し、対応したソフトで、家で名前シールを作る。

2、テプラのような名前シールを作ることができるものを購入し、自分で作る。

3、インターネットで、「名前シール」と検索し、業者に頼む。

 これは、様々なタイプのシールがセットになっています。

度のシールも時間がたつと、はがれるものがあり、気を付けて、はがれそうになったら、セロハンテープで固定してあげましょう。

まとめ

小学生になったばかりだと、緊張してものをなくしやすくなります。

なくしやすいので、名前つけは重要で、入学準備の名前つけは大事な仕事です。

学校の支度を前日になせるとき、親御さんが初めのうちは立ち会って、お子さんにやさしく、学校で必要なものを持ったかどうか、確認させるとよいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました