喘息 アレルギー10月になぜ多いの?花粉症は関係あるの?改善は?

9月、10月になると、気管支喘息の発作が多いという人がいます。

子どもの時は喘息ではなかったのに、大人になって喘息になったという人も。

どうして、喘息の発作が多いのでしょうか?

花粉症でアレルギーのある人も喘息になりやすいのはなぜでしょうか。

喘息でアレルギーのある人の改善についてお伝えします。

  

1章喘息 アレルギー10月

喘息 アレルギーで発作が多いのが10月、9月なのはなぜなのでしょうか?

9月の終わりから10月の終わり、秋は、台風がやってくることが多い季節です。

秋の台風のころは、温度の変化が激しいために体調を崩し、風邪をひきやすく、のどが敏感になってそれが発作の原因になります。

そして、最近、言われているのが台風のために気圧が低くなり、そのために気道が狭くなって、空気の通りが悪いので、せき込むのです。

しかも、気道が狭まっているうえに、アレルゲンがその気道につくと、反応してせき込みます。

さらに、夏からこの時期秋にかけてダニが増える時期でもあり、そのためダニがアレルギーの原因で喘息になる人が多くなります。

2章喘息 アレルギー 花粉症

喘息 アレルギー原因 花粉症

喘息のアレルギーの原因となるものには、花粉も挙げられます。

この時期10月にかけてブタクサの花粉が舞うシーズンでもあります。

春に起こる花粉症患者の次くらいに多いのは、秋のブタクサによる花粉症ではないでしょうか?

喘息 アレルギー原因 猫

猫を飼いだしてからアレルギーが起きて喘息になった方もいます。

猫の皮屑(フケのようなもの)に反応が出る場合もあるんですよ。

せっかくかわいいと思って飼い始めた猫によって喘息になるのはつらいですね。

その人の場合、吸入によるコントロールを行って、猫を飼い続けているそうです。

喘息 アレルギー原因 ハウスダスト

家のほこり、ハウスダストがアレルゲンで喘息になる場合もあります。

家の近所で工事をやっているなどの理由でほこりが多くなり、喘息になった人もいます。

3章喘息 アレルギー改善

喘息がアレルギーがある場合、アレルギーがあるかわからない場合も、まず、病院で血液検査をして何に反応しているのかを特定しましょう。

喘息になった原因が花粉のためか、ハウスダストかあるいは動物の毛なのか、項目が5段階くらいで判定できます。

(5が1番アレルギー反応が強い 複合している場合もあります)

喘息の原因がわかれば、その原因によって対策を立てます。

減感査療法(げんかんさりょうほう)というのがあり、ハウスダストに弱い人はハウスダストのエキスをすごく薄めた液を体内に注射し、徐々にその濃度を上

げて体が過剰なアレルギー反応を起こすのを防ぐ方法です。

その方法は時間がかかります。

喘息 予防

1、こまめな掃除

アレルギーの原因のほこりなどを吸わないようにこまめな掃除をすることが大事です。

2、空気清浄機

そして、身内なのですが、職場でほこりまみれの中で仕事をしていて、事務所でも、いつもせきをしていました。

それが、空気清浄機のレンタルを試しにしてみればと言われ、3カ月たって、気が付くと、その人は咳をしていないんです。

1カ月たつと、フィルターを交換に来てくれるので、面倒なこともないので、楽して、健康になりました。

3、加湿器

のどの乾燥もせきをおこします。

4、マスク

5、ストレス

ストレスからも喘息は来るんじゃないでしょうか?

ストレスなく規則正しい生活をしたほうが喘息がおこらないでしょう。

まとめ

10月は台風の時期で気圧の関係で、気道が狭くなり、せきこみやすくなります。

アレルギーになりやすいものがあったら、気道に入り込まないように掃除したり、空気清浄機で空気をきれいにしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました