家電の処分方法とは、無料になる場合はあるのか、費用はどのくらい?

掃除

512780

ずっと一人暮らししていて結婚するので、今持っている家電を処分したいのですね。

アパート暮らしでエアコンはついていたので、自分の所有の冷蔵庫・テレビ・洗濯機・トースターをどのように処分すればよいのかをお伝え

します。

  

1章 家電の処分方法とは

家電の処分方法 使える家電の場合

1、その家電を欲しがっている人がいれば、差し上げましょう。

 うちの場合、購入して1度も使ってない洗濯機をいただいたことがあります。
無料というわけにもいかないので、1万円だけ渡し、食事をおごりました。

2、新品同様のまだ使える家電なら、ヤフーオークションに出すという手もあります。

 ヤフーオークションに出ている家電

 冷蔵庫、炊飯器、電子レンジ、フードプロセッサー、ホームベーカリー、食器洗い機、冷凍庫

3、引っ越しまで日数の余裕がある場合、バザーやフリーマーケットに出店する。
     
  参考http://www.fleamarket.gr.jp/

4、リサイクルショップに売る。ダメなものなら売れず、処分代を渡すことになる場合もあります。

家電の処分方法 使えない家電

・家電の処分で無料→3章 家電処分無料へ

・家電の処分で費用のかかるもの→3章家電処分費用へ

・パソコンの場合、メーカーに回収を申し込みます。

受付窓口は、各社または社団法人電子情報技術産業協会の電子情報技術産業協会の公式HPへ  http://www.pc3r.jp

・自作のパソコン、倒産したメーカー・事業撤退したメーカーのパソコンなど「回収するメーカーのないパソコン」は、一般社団法人 パソコン3R推進協会が有償で回収します。 パソコン3R推進協会の公式HP:http://www.pc3r.jp/

2章 家電処分無料

1、小型家電

家電の処分方法には、30センチ未満の小型家電、住んでいる地域の市役のゴミ収集場所場所に出して、無料で処分してもらえる場合があります。

区や市によって違うので問い合わせてください。

東京都江東区の場合、個人で使っていた小型家電(30センチ以内のもの、アイロン、加湿器)は燃えないゴミの日、2週間に1度、朝8時までに所定の場所に出して処分してもらう

2、15×25センチメートル以下の小型小型の電子機器

使わなくなった携帯電話やデジタルカメラ等の小型の電子機器には、ニッケル・インジウムなどの「レアメタル」と呼ばれる希少金属が多く使われています。このため、「都市鉱山」とも呼ばれています。

例】
 携帯電話・デジタルカメラ・ビデオカメラ・ポータブル音楽プレーヤー・小型ゲーム機・電子辞書・電卓・カーナビ・ポータブルDVDプレーヤー・携帯用ラジオ・携帯用テレビ・付属品類(コード類を含む)・ハードディスクドライブ・リモコン・電子基板など

 江東区では、平成21年11月から使用済み小型家電の回収を実施しています。

江東区役所 区役所区内各施設に「小型家電回収ボックス」を設置しています。お近くの回収ボックスへ直接お出しください。

家電の廃棄処分が無料の業者もあります。個人の責任においてご確認願います。

パソコンダストhttp://www.fuyohin23.net/
宅配回収で全国対応。無料引取の(液晶モニター、液晶テレビ、デスクトップパソコン、ノートパソコン、スマートフォン・タブレット、
ハイスペックゲーム機など)

3章 家電処分 費用

家電リサイクル法の対象となる家電製品、その他の家電に分けましょう。

1、粗大ごみー30センチ以上の家電は粗大ごみとなります。

清掃事務所が収集する粗大ごみは、家庭から排出される家具、電化製品(エアコン・テレビ・冷蔵庫・冷凍庫・洗濯機・衣類乾燥機は除く)などの大きなごみで、おおむね30センチ以上のものです。

粗大ごみ受付センターにお申し込みください。

〈電話での申し込み〉
 電話 03-5296-7000
 月曜から土曜日(祝日を含み、年末年始を除く)
 午前8時から午後7時

〈インターネットでの申し込み〉
アドレスhttp://sodai.tokyokankyo.or.jp/
24時間受け付けています。料金の検索もできます。

2、家電リサイクル法の対象となる家電製品「エアコン」「テレビ(ブラウン管式、液晶式、プラズマ式)」「冷蔵庫・冷凍庫」、「洗濯機、衣類乾燥機」の 4品目の場合、原則は購入したお店に処分してもらいます。

負担する料金は、「販売店などの収集・運搬料金」+「メーカーのリサイクル料金」です。収集・運搬料金は販売店により、 リサイクル料金は製造業者等により異なりますので、排出の時に確認しましょう。

まとめ

自分の所有の冷蔵庫・テレビ・洗濯機・トースター,新しいものだったら、使える家電の場合で処分できますが、長く使っているので、捨てるしかない場合、

冷蔵庫・テレビ・洗濯機は家電リサイクル法の対象

となります。

不良品回収業者に頼むと簡単です。

優良な業者は、公共の業者と変わらないのですが、かなり高くかかる場合もあります。

>

コメント

タイトルとURLをコピーしました