子連れでバーベキューを楽しむるコツとは、持ち物と子供が喜ぶレシピ

お出かけ

Print

子連れでバーベキューして、楽しみたいですね。

だけど、小さな子供がうろうろするので、けがしたり、迷子になったらとか心配はあります。

子どもと一緒にバーベキューで楽しめるコツってあるのでしょうか?

持ち物は何を用意したらいいのか、子どもが好きなレシピを、お伝えします。

  

1章子連れ バーベキュー コツ

子連れでバーベキューを楽しむコツとは

、小さな子供の安全を考える。

 バーベキューの焼いているそばに寄らないようにする。

 1歳から3歳くらいまではお母さんが子供のそばを離れないようにする。

 4,5、6歳、小学校低学年だって場所によっては危ない場合があるので、遊ぶ時は必ず、大人がついていく。

2.小さい子供と一緒のバーベキューは、子供に注意力が必要なので、手ぶらで行けるところでバーベキューをする。

3、子どもが安心できるように、好きなおもちゃや絵本を持っていく。

 
       

2章子連れ バーベキュー 持ち物

小さなテントやUV効果の大きな傘 小さな子供がお昼寝できるように。

子どものお昼寝タイムにテントがあるとうれしいです。子供がちょうどよく眠ってくれるときは大人が最低1人はそばにいましょう。

バスタオル お昼寝の時にかける。お昼寝マットもあった方がゆっくり眠ってくれます。

おんぶ紐 ぐずった時に使いたいですね

虫刺されの予防グッズに薬

日焼け対策 小さい子供は肌が弱いので、日焼け止めクリームは塗っておきましょう。

アイスノン(やわらかいもの)お昼寝のときタオルにまいて身体のそばに置く。

小さめの保冷剤数個

麦茶、スポーツドリンク(2倍程度に薄めたものを冷やして)30分おきに飲ませてください。

クーラーボックス(アイスノン、ドリンクを入れておきます)

多めの着替え 子供は汗っかきなので、汗を時々拭いてあげてください。汗をそのままにしていると、あせもになります。

 オムツもこまめに替えてください。

・子供の着替えは忘れないように。転んだり、食べ物をこぼしたりと着替えが必要になる可能性が高いです。

2章子連れ バーベキュー レシピ

子連れでバーベキューするのなら、子供に食べやすいレシピ

・お肉は食べやすい厚みのある棒状に切ってくしをさして、食べやすくしてから焼きましょう。

・ソーセージもくし刺しましょう。

・細いフランスパンを縦に2つ切りにして、毛キャップを塗り、その上にチーズをの出てバーベキューの網の上で焼きます。

食べるときは、長さを4等分嫌いに切って食べましょう。

・冷凍の皮付きポテト 解凍して、さっとあぶる。ケチャップを少しつけると食べやすいです。

・塩むすび 焼きおにぎりにする。

・ポテトサラダをアイスディッシャーで、丸くお皿に盛る。

・みかん缶の寒天ゼリー ゼラチンだと崩れやすいので寒天でミカン缶のつゆを固めてミカンを入れて固める。

小さい子供は、食べやすいフルーツミカンがあると喜びます。

・子供の好きな食材は各自持っていった方が安心ですね。

まとめ

子連れでバーベキューを楽しむコツは、子供の安全に気を付けることと、好きな食べ物を用意すること。

ちょっとトイレに行く時も、親がついていきましょう。

4,5歳の場合でも、おとなもついでだよといって、一緒に行くくらいにしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました