花火大会の持ち物 デートの時 場所取りに必要なもの 浴衣の場合

イベント・祭り

hanabi

花火大会に持っていく持ち物、デートの場合は何を用意すれば良いのでしょうか。

2人で楽しい雰囲気でいっしょにいたい、場所取りしないと席に座れないので早めに行って場所取りします。

だから、花火大会で見るときに使うものと、待っているときにいるものと考えなくてはいけません。

場所取りに必要なもの、それと、彼女が浴衣を着てきた場合に持っていったら必要になるかもしれないもの。

お伝えします。

  

1章花火大会 持ち物 デート

花火大会を二人で楽しむために持ち物は大事です。   デート、いいですよね。

最低限これだけは持っていきたいのは

レジャーシート (アスファルトの場合はクッション付きのもの)これがないと座って、花火大会を見ることができません。

アウトドア用座椅子  レジャーシートだけでは疲れますよね。

ウェットティッシュ 汚れた手などを拭くのに大事です。。

必要なものは

アウトドア用テーブル(ローテーブル)あると便利ですが荷物になりますね。

保冷バッグ 大きめのバッグに食べ物、飲み物、その他のものも入れたいですね。

虫除けスプレー  花火大会の場所取りから花火が出るまでの長い間、外にいるので、虫に刺される時間がたっぷり。

ゴミ袋      お菓子や飲み物を持っていくのでゴミ袋をもっていって、持ち帰りましょう。

キャスター

飲み物、食べ物

ドリンク類(ドリンク類は高いので、缶を買って持って行きます)

お菓子(好きなもの)

枝豆(枝豆も持って行った方が手軽なので、持って行きます。

あとの食事は屋台で買います。

2章花火大会 持ち物 場所取り

花火大会持ち物で、場所取りのためにっていったほうが良いもの

芝生の場合→ペグ、ビニール紐、名前を書いた紙

アスファルトの場合→ガムテープ

つけてよいかわかりませんので、まわりをみて、つけているひとがいたらつけましょう。


3章花火大会 持ち物 浴衣

 
 

花火大会に持っていく持ち物で、二人、もしくは彼女が浴衣を着てくる場合、浴衣を着てくると言わなくても、バンソウコと、安全ピンかクリップを持っていきましょう。

バンソウコは慣れない草履とか履いて足が痛くて歩けない場合、必要です。

安全ピンもしくはクリップは着崩れした場合、あると便利なものです。

浴衣用のばんそうこう、安全ピン、クリップを持っていくと気が利くと思われるので、準備しましょう。

花火大会 デートを成功させるために 注意事項

1、花火大会で場所取りのためにどのくらい前に行くか

出来たら3時間前についてないと場所が取れないでしょう。

花火大会でのトイレ事情

花火大会が終わってから行くと混むので、その前に交代で行った方が安心です。

それから、花火大会の前場所取りのために早く行って花火大会が始まる前と花火大会の最中は、女性はトイレが心配なので、水分は控えましょう。

花火大会 帰り

花火大会が終わってからだと、交通機関が混むので、花火大会が終わる前に帰り支度して、帰りながら花火を見ましょう。

まとめ

・花火大会でデート、持ち物を準備して楽しみましょう。

待ち時間もあるので、その間もデートのうちです。

・花火を見ながら、飲み物、食べながら、おしゃべりして、デートが成功するとよいですね。

浴衣で花火大会に行った時の関連記事も紹介しています。

  • 着崩れた浴衣の直し方とは 衿は目立つので注意 着付け時に防止策
  • 浴衣を着て下駄で痛くない方法  歩き方 履き方はあるの?
  • 浴衣を着るのに必要なもの 女性の場合最低限なものと小物の紹介
  • 最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました