桃の節句のお祝いは いつやるの?料理は何にした?お返しは

行事

hinama

10月生まれの女の子の桃の節句のお祝いはいつ行うのでしょうか?

お料理はどんなものを用意すれば良いのでしょう。

お祝いをいただいた場合のお返しについてお伝えします。

1章桃の節句 お祝い いつ

10月に生まれたのでしたら、翌年の3月3日が桃の節句のお祝いになります。

桃のお節句のお祝いは、女の子が生まれたときの次の年の3月3日に行います。

3月3日が平日で都合がつかないときはそれに近い日に桃の節句を祝う女の子の両方の祖父母といっ

しょにお祝いしたいですネ。

生まれた女の子のお母さんの実家で、お雛様を買うのが習わしですが、誰が贈ってもよいでしょう。

そのお雛様を飾って、お雛様の前で女の子と両親、都合がつくなら祖父母とみんなで食事をしましょう。

2章桃の節句 お祝い 料理

桃の節句なので、手作りのチラシ寿司や蛤のお吸い物、そして、海老マヨや、サラダ、から揚げ、お

刺身などでした。

家族だけのお祝いの席は、手作りがおいしいですね。

初めての桃の節句を祝う女の子は、まだ、赤ちゃんだけど、家族みんなの大事なお嬢様、みんなの笑顔がいいです。


3章桃の節句 お祝い お返し

お雛様はお母さんの実家から送るのが習わしです。

その場合、お父さんの実家からはお金でお祝いすると使い勝手が良くていいのでは。

そして、うちにも息子がいて、初孫が女の子だったので息子たちの家にお嫁さんの両親とうちと呼ばれました。

お嫁さんの実家からお雛様だったので、うちはお金でお祝いしました

それと、お雛様がのったケーキをかってお祝いしました

両親からのお祝いのお返しは、なしで良いでしょう。

一緒に写真を撮って、それをプレゼントするくらいが良いです。

親戚や知り合いからお祝いをいただいたのなら、お返しはクッキーなどのお菓子が良いですよ。

まとめ

初めての桃の節句は両親の親を呼んで、お雛様を飾った部屋で食事会を行うのが楽しいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました